中止基準・中止の連絡について

11062b_f0cd2b56e86443d68d21b6bc12fe055c_

中止基準

・大門観測所の水位計が4.0mを超えた場合。

・河川放流量が毎秒約200トンを超えた場合。

・大雨洪水警報等が発令された場合。

​・降雨による河川の増水や落雷、強風等で実行委員長が危険であると判断した場合。

中止の連絡

調査前日の午後5時までに、翌日の調査実施が危険であると判断された場合には、当ホームページに中止決定のお知らせを掲載し、翌日参加する調査員及び関係者に電話連絡を行います。調査前日の午後5時以降や調査中において、緊急に中止せざるを​得ない場合には上記と同様に随時連絡をいたします。