top of page
検索

サケ仔魚 孵化

12/11、10/29の初採卵で受精させたサケの卵が孵化しました。


孵化したばかりの仔魚(しぎょ)はお腹に栄養の入った袋(さいのう)があります。

自然界では、砂利の中で、栄養を吸収して、身体ができて泳げるようになるまで、じっとしているので、場内の飼育でも、お腹の栄養を吸収するまで、暗いところで、出来るだけ安静に管理します。



仔魚期に出来ることは、安定した注水と水温の調整です。

河川水を流入して水温を下げているので、午前中の飼育水温は、10.5℃と下がってくれていますが、雨が降ると濁りが入ってきます。

飼育としては、大雪は勘弁ですが、薄らと積雪してほしいところです。



耳石温度標識魚の前期群(2,8nH)の施標は順調に進んでおり、明日、浮上槽(孵化、仔魚期管理のための槽)へ収容します。


閲覧数:51回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page