top of page
検索

今シーズン最後のサケ稚魚放流


3/8、今シーズン最後のサケ稚魚放流を行いました。



本日は、南郷大橋下流右岸、射水市土合地先にて、257.9千尾、179.1kg、平均体重0.69g



シーズン全体では、1051.1千尾、669.5kg、平均体重0.64gの放流となりました。



今シーズンは、全国的にもサケの来遊が少なく、富山県の河川捕獲数が前年比48%と富山県内も来遊が少ない状況でしたが、釣りや網による捕獲手法で、組合員、一般の方々の多大なご協力もあり、昨年を上回る捕獲尾数、採卵数を確保できました。



飼育としては、元旦に大きな地震が発生したり、雪が少なく、雨の影響で飼育水が濁ることもあるなど、苦労もありましたが、捕獲、飼育管理において、関係者の皆様のご協力のおかげで、なんとか順調に放流まで漕ぎ着けました。

場内からサケ稚魚がいなくなって、寂しい思いもありますが、4年後に大きくなって庄川に帰って来てくれることを期待したいです。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page