top of page

大晦日 サケ検卵


12/31、大晦日の本日は、サケの検卵作業を行っています。

生き物相手ですので、掃除や餌やりなどは毎日の作業ですので、大晦日も元旦も関係ありません。



本日は、12/8に採卵した47.9千粒の卵を検卵機にかけて検卵しました。


検卵とは、生きている発眼卵と死んで白くなった卵を選別する作業です。



採卵数47.9千粒に対して、発眼卵数は、45.6千粒と発眼率は約95%ほどで、順調です。


こちらは、来年に浮上槽へ池出しを行い、水温にもよりますが、1/15前後にふ化のピークを迎える予定です。



早くに採卵し、ふ化した仔魚は、1月の中旬には、稚魚となり、飼育池へ移動し、餌をやり始めます。


自然相手ですので、気温が高くなり、飼育水温が高くなってしまうこともあるなど、気の抜けない日々が続きますが、皆様のご協力のおかげで得られた卵、魚ですので、大きく、元気に育つよう尽力していきます。


今年も皆様には、庄川へ足を運んでいただき、サケの捕獲では、多くご協力いただき、ありがとうございました。

来年も引き続き、宜しくお願い致します。

良いお年をお迎えください。


閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示

庄川サケ増殖調査中止のお知らせ

庄川サケ増殖調査は、今年度より実施しないこととなりました。 庄川のサケ事業において、令和3年度に事前調査を行い、令和4年度、令和5年度とサケ捕獲のためにサケ増殖調査(一般調査員によるサケ釣り)を実施してきました。 近年、庄川サケの捕獲尾数、採卵数、放流尾数が激減していることから、サケ事業の運営に関して大幅な見直しが迫られており、庄川漁連の組織内にてサケ部会を設置して、方針や諸課題について協議してま

Comments


bottom of page