top of page

雨、強風、気温低下、雷と厳しい状況

11/18、昨晩から雨が降り続いて、強風もあり、時折、雷も鳴るなど、大変、厳しい状況となりました。



河川放流量は、毎秒約15トンでしたが、雨の影響で濁りもあり、一日を通して、気温も4℃前後と低く、釣り、捕獲には、非常に厳しい環境となりました。


15時、射水市広上地先の河川水温は、10.9℃と水温も低下しました。



庄川サケ増殖調査では、この状況の中、♂1尾の釣果に加えて、バラしもいくつかあったようです。


組合員の捕獲では、昨日、投網で捕獲された、♀1尾、♂1尾を受け入れました。


本日分としては、投網にて、17尾<♀13尾(〇12)、♂4尾>、竿釣りにて、♂1尾の捕獲がありました。

この雨と気温低下で、サケが動いたのか、採卵可能な♀が今季としては、最も多い尾数の捕獲がありました。


庄川全体では、19尾<♀13尾(〇12)、♂6尾>となりました。



少し、晴れ間のある時間帯もあり、虹が出ていました。

この雨で、更にサケの遡上が増えてくれることを願うばかりです。


庄川サケ捕獲尾数 

271尾<♀93尾(〇70)、♂178尾>


内訳 :

流し網 77尾<♀22尾(〇19)、♂55尾>

組投網 89尾<♀41尾(〇29)、♂48尾>

組竿 49尾<♀15尾(〇11)、♂34尾>

増殖調査 56尾<♀15尾(〇11)、♂41尾>

     

  採卵数 146.4千粒


※♂において、組合員の流し網、投網、竿釣りによる捕獲尾数を整理したため、昨日までの値と差があります。

閲覧数:171回0件のコメント

最新記事

すべて表示

庄川サケ増殖調査中止のお知らせ

庄川サケ増殖調査は、今年度より実施しないこととなりました。 庄川のサケ事業において、令和3年度に事前調査を行い、令和4年度、令和5年度とサケ捕獲のためにサケ増殖調査(一般調査員によるサケ釣り)を実施してきました。 近年、庄川サケの捕獲尾数、採卵数、放流尾数が激減していることから、サケ事業の運営に関して大幅な見直しが迫られており、庄川漁連の組織内にてサケ部会を設置して、方針や諸課題について協議してま

Comments


bottom of page